ヨーグルト?サプリ?腸内フローラの増やし方

腸内フローラの増やし方について。

食べ物ではヨーグルトがよいのか乳酸菌飲料がよいのか。
サプリメントの乳酸菌はどうなのか。

腸内フローラ

人間の腸内には100兆個以上の細菌があり、その群がまるで
お花畑のように見えることから、花の女神フローラにあやかって、
腸内フローラとも呼ばれます。

すべての細菌は善玉菌、悪玉菌に分類され、それ以外には
中立の日和見菌がある。

文字通り善玉菌が良い細菌群、悪玉菌が悪い細菌群。

腸内環境

腸内環境は腸内細菌のバランスによって決まります。

健康であれば善玉菌2割、悪玉菌1割で善玉菌が多い。
残りは日和見菌、これは多いほうにつくので、善玉菌を多く
しなければなりません。

このバランスが崩れますと、便秘や下痢になってしまいます。

また、近年ではこの腸内細菌バランスがメンタルヘルスにも
影響を及ぼしているという研究もあり、うつ病や精神状態にも
関係していることを知っておきたい。
単純に通じの状態がよくないだけでなく腸の動き次第で、
体全体の健康面が変わってくるのです。

腸内フローラの増やし方

腸内フローラというのは腸内細菌が多く集まった塊のことですから、
単純に増やすということではなく、その中でも体に良い善玉菌を
増やすことが必要不可欠。

このバランスがよければ腸内環境は最高。
前述のとおり2割あればよいのです。

善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を積極的に摂取することは、
腸内フローラの増やし方としてはとてもよいと言えます。

ヨーグルト、乳酸菌飲料、乳酸菌サプリメント等を取って
腸内フローラの善玉菌を増やそうとしていくことが重要であり、
正しい増やし方と言えます。

生きたまま腸まで届く

乳酸菌は熱や酸に弱く、ヨーグルトを食べても腸まで生きたまま届く
ことは少ない。

一定数は生きたまま腸まで届きますし、仮に死滅した分も
善玉菌のエサになるので無駄にはなりません。
なるべく生きたまま届けるためには熱や酸の影響を受けにくい食後に
取るのがよいとも言えます。

その点、乳酸菌サプリメントはコーティングやカプセル錠剤など、
生きたままで腸に届くよう工夫されていますから、
乳酸菌サプリを活用することは、腸内フローラの増やし方として
有効な手段と言えます。

ヨーグルト、乳酸菌飲料、乳酸菌サプリメント全てを併用するのが
腸内フローラの増やし方として最も得策だと言えるでしょう。

何よりも継続することです。
日常的に乳酸菌を体内に補給できるよう、毎日のお食事と連動して
習慣にしてしまうのが一番確実。

また、ストレスや体調不良でも体内の乳酸菌は減りますから、
心も体も健康で過ごせるように心がけましょう。