いますぐ便秘を解消する方法 | 便秘の予防と対策方法

便秘を解消しましょう。

すぐに出す便秘解消法を身につければ、いざ便秘になっても困ることは少なくなりますが、
やはり普段からよい通じで、便秘自体を無くして予防策を図りましょう。

便秘

お腹の調子が悪い、健康に問題がある、体がダルい、その原因は便秘ではありませんか?
3日間以上、便が出なければ便秘とされます。

また、スムーズに排便できない、排便後に爽快感が無いのも便秘に含まれます。

便秘薬を使うのは悪いことではありませんが、そればかりに頼ってしまうのは、
頼らざるを得ない状況であるのはよいとは言えません。

定期的に自然な排便するべき。
朝など、毎日決まった時間に便を催すのが一番。
それで気持ちよく排便できれば最高。
こういったことが習慣化できれば便秘は完全に解消できる。

腸内環境と体の関係

腸内環境が正常でないと便秘や下痢がその典型例ですが、それだけでなく、
体全体がおかしくなることがあるという。

大腸がんや腸閉塞など腸の病気になったり老廃物が体に回る恐れもある。

また、近年では精神面、メンタルヘルスにさえ腸の具合が関係している
という研究結果さえ出てきています。うつ病や睡眠障害にもなりえる。

体の様々な症状と腸内環境は密接な関係にあるのです。

善玉菌と悪玉菌

腸にある腸内細菌(腸内フローラ)の善玉菌を増やすことで、
悪玉菌が弱くなります。
このバランスは2:1が健康な人の腸内環境であり、腸の蠕動運動が起こり、
排便しやすい大きさと柔らかさの便が形成され、やがて便意を催す。

腸内細菌のバランスが崩れますと便秘や下痢になります。

便秘の予防と対策方法に乳酸菌

では便秘の予防、便秘にならないため、そして改善するにはどうしたらよいのか。

善玉菌の代表的な菌は乳酸菌、ビフィズス菌。
これらで整腸作用が期待できます。
ヨーグルトや乳酸菌飲料で取ることができますが、熱や酸に弱いため、
生きたまま腸に届けることは難しい。
しかし死滅した善玉菌は、生きた善玉菌のエサになりますので、
無駄にはなりません。

効率よく善玉菌を増やすには腸内フローラサプリメントとしての
乳酸菌サプリメントを活用するのもよい。
コーティング状態だったりカプセル錠剤になっており、
生きたまま腸に達する確率があがります。

そして便秘解消への前提条件として、水分をたっぷり取ること、
食物繊維のため野菜を食べること、適度な運動をして体を動かす、
ストレス解消してリラックスして過ごすことを実践してください。

すぐに出す便秘解消法

すぐに出す便秘解消法ですが、まず気にし過ぎると余計に出なくなる
ということもあります。意識をお腹に集中し過ぎないでください。

水分を飲む、体を動かす、ストレス解消で楽しいことをする。
座ったままの姿勢や、仕事や勉強なども控えて。

運動とリラックスという意味では流行りのヨガもよいですね。
簡単なストレッチでもよいですし。

どうしても苦しければ病院へ行って便秘薬を出してもらいましょう。
緊急であれば浣腸などもしてもらえます。
あまりに長期間に便秘が続き我慢しすぎて死亡した例もありますので、
軽視しないほうがよいのです。

このブログでは便秘に関するあらゆる情報を集めてみました、
ぜひ他の記事もご覧ください。

便秘解消のためのツボ、食事やそのレシピなど、
案外簡単に実践できるものが多いので、ぜひ便秘解消法を
毎日の生活の中に取り入れてみてください。